In My Circle

せんがんが、よしなしごとをつづります。

パブリックコメント応募のお願い

仕事とぜんぜん関係なくて恐縮です。
今日は「パブリックコメント送ろうよ!」の呼びかけエントリーを書いてみました。

今、環境省が「動物取扱業の適正化」についてパブリックコメントを募集しています。このパブリックコメント、単なる「目安箱」かと思いきや、集まった意見はかなり重要視されるそうです。ちょっと面倒ですが、ペットを飼ってる方や動物好きな方、参加しませんか?あなたの意見が反映される可能性大ですよ。

こちらのサイトに、詳しいことが書いてあります。興味のある方はぜひ読んでみてください。
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment
「ほぼ日」はさらに分かりやすい!
http://www.1101.com/george/2011-08-19.html

ひとつめのリンク先「One Action for Animals」の内容を一部かいつまんでご紹介すると、今回の法改正の重要項目のひとつは「犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢」についての規制です。現在はこの規制が緩いため、ペットショップなどでは「赤ちゃん」の動物たちを親から引き離して堂々と展示販売しています。

でも、まだ乳離れもしていないうちに親から引き離された赤ちゃん動物は、母乳による免疫力や栄養を十分にたくわえることができていないため虚弱になってしまうことがあります。また親から教わるはずの社会性を身につけないまま売られていくことで、やがて問題行動を起こす可能性があります。

ちなみに、2010年には犬猫合わせて229,832頭が保健所で殺されています。この中には、問題行動が原因で、心ない飼い主から保健所に持ち込まれる動物の数が多く含まれます。
よく誤解されますが、保健所の殺処分は決して「安楽死」ではありません。苦しい窒息死です。人間のエゴのために、命が使い捨てされている不幸な現状がたしかにあるのです。

動物と生活したことのある方なら分かると思いますが、小さくてかわいい時期なんて一瞬です。でも彼らは、小さいときよりも大きくなってからの方がずっとかわいいのです。
見た目の愛らしさよりも、ふとした瞬間に気持ちが通じ合ったと感じたり、自分を信頼して体を預けてくれたりする様子にこそ、私たちは愛情を感じるものではないでしょうか?

約三割の子犬や子猫がブリーダーからからペットショップの買い入れ元となる競り市の間で命を落とし、生き残っても競り市からペットショップに移動する間に命を落とす子がまた一割、さらにペットショップの裏側で一割の子が亡くなってしまうとも言われています。

この状況をなんとか変えたいと思います。
ということで、私はこのフォーマットに意見を書き込んでメールしようと思っています。
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment/mail_text02
メールの宛先は shizen-some@env.go.jp 。タイトルに”「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見”と書いてください。

締め切りは8/27(土)!もうすぐです。賛同してくださる方はお早めに。
今回をのがすと、5年後まで法改正のチャンスはありません。

カテゴリ:In My Circle, 考えた Posted by 千貫りこ on 2011年8月19日