In My Circle

せんがんが、よしなしごとをつづります。

マイナンバー講座を開催しました

2016年1月16日に、おしえて石井先生!まるっとふわっとマイナンバー講座を開催しました。
開催のきっかけは、仲よしの同業者である山本和泉さんがFacebookに書いたこの投稿。

【ゆるくない募】フリーランスを対象とした『マイナンバーと確定申告』のセミナーを求む。誰にどうやってお願いしたいいのかわからないので、つてのあるかたぜひとも企画をお願いできたらとーーーーー!できれば年内だとうれしいなぁ。。

Posted by 山本 和泉 on 2015年9月27日

私もうっすら気になっていたものの、日々の忙しさにかまけてマイナンバーに関する情報収集を完全に怠っていました。
「分からないことをほったらかしにするのが僕の悪いクセ」と右京さんばりに気取っている場合ではないので、いそいで山本さんに連絡し、一緒に勉強会を企画することに。

とはいえ、Web系のセミナーなら優秀な講師の心当たりがたくさんあるのですが、今回は全くの畑違い。
「それならいっそ、ちょっと背伸びした人脈をたどろう」ということで、これまでに築き上げたコネクションをフル活用し、今回の講師である石井義高先生に行き着くことができました。

石井先生は国税で40年以上勤めあげたベテラン中のベテラン税理士。そんな方に図々しく依頼してよいものか迷いましたが、間に入ってくださった方のフォローのおかげもあり、快く引き受けていただきました。

ちょっとした裏話

今回の勉強会の構成は、実は開催当日の2日前に大転換しました。ギリギリのタイミングで、石井先生に変更をお願いしたのです。

私はこれまでに何度か、小規模な勉強会を主催した経験があります。でも、事前に講演者のもとに挨拶しに行ったことはありません。
が、今回は「一面識もないまま当日を迎えるのはあまりに失礼だろう」ということで、山本さんとふたり、本番2日前に石井先生の事務所に伺いました。

これは単に「感謝の気持ちを伝えたい」という意図による行動でしたが、この訪問が勉強会の方向性を大きく変えました。というのも、石井先生に直接会って話してみると、先生から聞く税のお話は何から何まで興味深く、山本さんも私も質問が尽きないのです。
事務所を出たあとで山本さんと相談し、「きっと参加するみんなも同じ気持ちになるだろうから、講演と質疑応答の時間配分を変更した方がいいよね」という結論にいたりました。

直前の変更依頼で多大なるご迷惑をお掛けしたと思いますが、石井先生にはパーフェクトに対応していただきました。
これぞプロの仕事ですね。感謝しかありません。
そして予想どおり、当日は質疑応答タイムが足りなくなるほどの盛り上がりようでした(質問できなかったみなさん、申し訳ありません)。

それにしても。
私たちのような仕事をしていると、ネット上のデータのやりとりだけで全てを済ませてしまうことが多くなりがちです。
諸処の条件からそうせざるを得ない場合もあるし、そのおかげでスピーディに話が進む場合も多々あります。でも、顔をつきあわせて話すことで見えてくるものもたくさんあるのだなあ、としみじみ実感した出来事でした。

レポートあります!

勉強会に参加してくれた方が書いてくださいました!
是非ご覧ください。

カテゴリ:In My Circle, 参加した Posted by 千貫りこ on 2016年1月18日

CSS Nite LP38 「Webデザイン行く年来る年(Shift8)」に参加しました

Web業界の年末恒例行事となりつつある「Shift」、今年も開催されたので参加してきました!
他の方がすばらしいレポートを書いてくださっているので、私は特に印象に残ったものだけ、個人的な感想を書きます。

基調講演

今年は、スピーカーのヤスヒサさんと顔を合わせる回数がとても多かったような気がします。彼のポッドキャストに呼んでいただいたり、公私にわたって一緒に食事をする機会も多く。今回の講演の内容は、ヤスヒサさんの口から今年何度となく語られていた話の集大成だと感じました。

なかには「なんで、あたりまえのことを言ってるんだろう」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、その「あたりまえ」が実行できていないケースの、なんと多いことか。

環境を変えるのが大変なら、まずは自分を変える(ふるまいを変える、視点を変える)ことで、間違いなく世界は変わります。
この脱皮作業、私は30代中盤から後半にかけてやりました。だから自信を持って言えるのですが、その気になれば人は変われます。とりあえず私は、脱皮前の自分よりは今の自分の方が好きです。

自分以外の人の考え方や、とりまく環境を変えるには時間と労力が必要です。たまには痛みをともなうかもしれません。でもそれをやることでもっと良い未来があると信じられるなら、思い切ってナタをふるうべきだと思います。

そんなことを考えながら聴いていました。
この日の全てのセッションを貫く秀逸な基調講演でした。


写真:飯田昌之さん

マークアップ:2014年のマークアップの話題を総まとめ

IE8のサポートが2016年1月で終了するのは初耳でした。ヒャッハー!
「構造化データ」の記述方法にJSON-LDが追加されたのも初耳。私が飲んだくれている間にも世の中は動いているのだなあ。

アクセシビリティ

夏に参加した「ソーシャルメディアから学ぶWebアクセシビリティのキホン」の縮小版といった感じで、楽しく復習できました。想像よりずっと簡単に字幕(キャプション)を付けられると知って、「何かやりたい!」とワクワクし続けてるんだけど、今のところ何も思いつかない(笑)

なんとなく敷居が高いように感じられる「アクセシビリティ」を、硬軟おりまぜて解説するAccSellのお3人の功績はとてつもなく大きい。これからも続けてください!応援しています。

スマートデバイス 2014→2015

取ったメモの量が一番多いセッションでした。
以前は「画面サイズにピッタリ合わせなきゃらめぇぇ」的なスマートフォンサイト制作案件ばかりだったのでひたすら逃げ回ってましたが、もうさすがに大丈夫ですよね。来年は前向きに受注しようと思います。


写真:飯田昌之さん

単なる感想文でスミマセン

おそらく「Shift」は皆勤賞なので、今回で8回目(そんなにたくさんやってるんですか! ビックリ)の参加ということになります。

以前はどのセッションも刺激的で、いてもたってもいられない(すぐに帰って手を動かしたい!)気分になることが多かったのですが、今年はちょっと違った心持ちで受講していたようです。紹介されるツールや技術よりも、それを語る登壇者の哲学というか、「なぜそのトピックをそのくらいの重みで紹介しようとしたのか」を想像したり、本編以外の補足コメントにこそ面白みを感じてしまって。
これが年を取るということか(笑)

テクニカルな話は「生まれては消え」の連続だし、たとえ100人が「良い」と言うツールでも自分(や、自分が所属する組織や、目の前の仕事)に合わなければ役に立たないので、“取捨選択する能力”を育てないといつかパンクします。
自分の立場や興味の方向を正確に把握しておけば、「いま必要なもの」「いますぐ必要ではないけれど、いずれ必要になりそうなもの」がある程度見えてくる気がします。

今回の「Shift」は私にとって、自分の興味の方向を再確認する良い機会になりました。
こんな風に、広いジャンルを網羅してくれるイベントは他に無いですもんね。ありがたい!

カテゴリ:In My Circle, 参加した Posted by 千貫りこ on 2014年12月18日

CSS Nite LP, Disk 28 「直視しない人が多いけど、軽視できない仕事とお金の話」

東京は梅雨明け直前の7/6、CSS Nite LP, Disk 28「直視しない人が多いけど、軽視できない仕事とお金の話 Pt.1」に参加してきました。参加の理由は「登壇陣が魅力的だったから」。正直言って、これという目的は無かったかな。純粋に、このメンツが語る「仕事とお金の話」を聴いてみたかった。

CSS Nite LP, Disk 28「直視しない人が多いけど、軽視できない仕事とお金の話」Pt.1

わらしべ長者のすゝめ 林 千晶さん

以前Websig1日学校での講演を聴いてすっかりファンになってしまった林さんのセッション。林さんは、存在がキラキラしてる。いい声。うっとり。
終了後にご本人が「もっと具体的な内容にすればよかったかも」とおっしゃってましたが、そういう反応が多かったのかしら?
私は林さんのお話、かなりぐっときました。

既存のものさしにあてはめて物事を捉えたり、自分の役割を決めつけたりするのではなく、もっと柔軟に視点や取り組み方を変えることで仕事ってどんどん面白くなるんだ!……と、ワクワクしました。

クライアントから依頼された内容を自分の業務の枠に落とし込んで、ただ言われたとおりに作業していたらそこで終わり。
「なんでその作業が必要なのか?」「本当に必要なのか?」を一緒になって考えることで、まったく違う解が見つかるかもしれない。
頭では分かっていてもなかなか実践できませんが、実際に林さんが歩んできた軌跡を見せてもらって「よし、自分もがんばろう」という気持ちになりました。

小さな会社を2つ経営していて思うこと 森田 雄さん

抱腹絶倒。ひさびさにセミナーで大笑いしました。笑いすぎて涙が出た。笑ってばかりいてメモがおろそかなのですが、ものすごく良いことをたくさんおっしゃってました。

自分の得意なこと、やりたいことを優先するためにそれ以外の業務をどうするか。
そもそも、何をやりたくてやりたくなくて、何が得意で苦手なのか。できるだけ意識しているつもりですが、まだまだやりたいことに専念できる状態ではないので、今一度しっかり考えてみようと思います。

やりたいことや得意なことはとことん追求し、不得意なことや苦手なことはそれが得意な人に任せることで、常に高い品質を保証する。そして許される範囲で高く売る。とてもシンプルだけど真理ですね。
あと、自分(自社)の特色をきちんと伝える努力が必要、というのも激しく納得。
「なんでもできる」じゃ生き残れないんですよね。

万一法人化したときには、ツルカメ方式をマネしようと思いました。

攻めの営業をせずに事業を安定化させる3本柱 角掛 健志さん

以前、個人的に開催した勉強会にて、同じようなテーマで話していただいたことがあります。
その時も感じたことですが、角掛さんの人間的な魅力が圧倒的なので、誰もが角掛さんのようにふるまうのは難しいかもしれません。

特に「クライアントと友達になる」というのは、言葉どおりに受け取って一歩間違うとトラブルの種になりかねないかな、と。角掛さんはおそらく、絶妙な距離感でもって関係を築かれているのではないかと推測します。
と言いつつ、私もどちらかというとまずはクライアントと仲良くなって(=信頼関係を結んで)から仕事に取りかかろうとするタイプなので、大いに共感しながら聴きました。

「コミュニケーション能力とは、相手の話をよく聞き、理解し、さらに相手が気づいてないことまで話させる能力」と定義されてましたが、こうした能力は(ある程度までは)訓練できるものだと考えています。よく「自分には無理!」と言う人がいますが、家族と話すとき、友人と話すときなどに少し意識を向けるだけでだいぶ変わると思います。

「3」を意識する、というお話はなるほどと思いました。思い当たること、改善すべきことがあるなあ、と。

発注側はこんなロジックで予算を決めている 高畑 哲平さん

KDDIウェブコミュニケーションズさんクラスの企業と取引することはあまり無いのですが、だいたいどのくらいの役職の人が決裁権を握っているのか、など興味深いお話が満載でした。
今後、ワイロを贈るときは執行権限者を狙います。(笑)

受注側にとっては厳しい言葉もありましたが、「結局は人間力、人を見て発注している」「ビジョンに共感できるかどうか」といったくだりは希望が持てたし、それと同時に身が引き締まる思いがしました。

これから仕事を取りに行こうというときに、クライアントが販売している商品やサービスについて全く知らないのは論外、というのは確かに分かりますが、さらに踏みこんで「ビジョンを共有できるかどうか」というのも大事なポイントなんですね。
「こちらの意気込みなんて発注側にとってはどうでもいいことなんだろうな」とタカをくくっていたのですが、高畑さんのようにちゃんと見てくれている人もいると分かって嬉しかった次第。

すべてのセッションを聴いた感想

とどのつまりは「コミュニケーション能力が大事」ということ。
でも「コミュニケーション能力」といっても指標があるわけじゃなし、大事なのは分かるけどなんだか漠然としていて、どうやったらその能力を鍛えることができるのか、難しいですよね。

私はコミュニケーション能力向上のためにインタビューサイトを立ち上げた(ほぼ毎週日曜更新!)わけですが、それ以外に、日頃からメール一通、電話一本においてもできる限り注意を払っているつもりです。同じことを言うのにも、数え切れないくらいたくさんの言葉のチョイスや態度・表情の組み合わせがあり、伝え方をちょっと変えるだけで思いがけない反応が返ってきたりします。

「こうしたらうまくいく」なんてものは無いので、努力し続けるしかないんでしょうね。でも、この努力は報われやすい種類の努力な気がするので、これからもがんばります。

ということで最後に、今回のセミナーやこれまでの人生を通して私が感じた「コミュニケーション能力が高い人」の特徴を、思いつくまま書き出してみます。

  • 年齢・業種などを限定せず、幅広い友人がいる
  • しっかり遊んで自分の世界を広げている
  • 明るくふるまう
  • 笑顔をつくれる
  • 愚痴っぽくない
  • 時事ネタに興味をもっている、ほどほどに話せる
  • 相手の話を聞きたがる、うながす
  • ポジティブな意思表示がハッキリしている
  • 共感する(共感するふりができる)
  • 人づきあいに使うお金と時間を惜しまない
  • 方便としてウソをつける
  • 非を認める
  • 見栄を張らず、知らないことを知らないと言う
  • 感謝の気持ちを(ややオーバー気味に)表現できる

ふくらませたら別のところで使えるネタになりそうな気がしてきたので、このへんで止めておこう。

カテゴリ:In My Circle, 参加した Posted by 千貫りこ on 2013年7月8日

Webクリエイターに足りない本当のSEOスキル

株式会社イー・エージェンシーさん主催、住太陽さんの「Webクリエイターに足りない本当のSEOスキル」を受講してきました。
3月はこもりさんを追いかけて仙台へ、そして今回は住さんを追いかけて京都へ。
どうやら2013年は追っかけイヤーになりそうな気配です。

さて結論から言うと、私は受講して大満足です。これを読んでるみなさんにも、次回開催の折には参加してもらいたい!強くおすすめします。
ただ、内容は万人受けするものでは無いかもしれません。規模の小さな制作会社や私のようなフリーランスの人はかなりぐっとくると思うのですが、受講して得たことを明日からでもすぐに反映・活用できる機動性を持った組織・人でないと、ピンと来ない可能性があります。

内容をあれこれ書くとネタバレになるので、自分が特に強く感じたこをまとめてみます。

生き残るクライアントと取引することで自分も生き残る

これは冒頭で住さんがふれたお話ですが、セミナー全編にかかる重要なテーマでもあります。

「きちんと売上げ(効果)が出るサイト」をお客さまといっしょに作り育てていく。
お客さまに明確な価値をもたらすことのできる存在になる。
そうありたいと思いつつ実践できずにいたのですが、これじゃダメですね。

現在私が手がける案件では、納品後はノータッチでお客さま自身に更新をまかせるケースがほとんどです。なぜなら、多くのお客さまはビジネスがまだ軌道に乗っていなかったり店舗を構えたばかりだったりで、サイトを作るのが精一杯。運用のための予算を割けないから。
でも、たとえお客さまの希望とはいえ「納品、即バイバイ」では責任を放棄しているのと同じではないのか。モヤモヤしながらも、あまり深く考えずにここまで来てしまいました。

目先だけにとらわれず、お客さまの利益に少しでも貢献し、さらには自分自身の未来を守るためにも、もっと積極的にかかわることのできる仕事のやり方にシフトしなくては。危機感をおぼえました。

とはいえ、こちらがいくら息巻いたところで、お客さまがWebサイト運用の予算を確保してくれなきゃ堂々めぐり…。
セミナー終了後、住さんに質問したところ「僕は、最初はボランティアでアドバイスしました」とお答えいただきました。「なんでこんなことまでしてるんやろ?」と思いつつさまざまにアドバイスしているうち、じょじょに効果が見えてくる。Webが利益につながることが分かれば予算を確保してもらえるようになる、と。

ちゃんとした実績も無いくせに、お金をもらって運用にかかわろうとしていた自分が恥ずかしくなりました。とほほ。

SEO実施者のマインド

このお話も深く心に残りました。住さんは以下のようなポイントを挙げられていました。

  • 訪問者を最大限もてなすのは当然のことと考える
  • コンテンツの質や量には、専門家としての意地とプライドをかける
  • 競合が発信しているコンテンツよりも正確で詳しく丁寧なものでなければ恥

あたりまえのように言われていることだけど、やはりWebサイトは作ってからが勝負なのですよね。時間をかけて試行錯誤しつつ、コンテンツの質を高め量を増やしていくことこそが、SEOの重要な鍵を握る。
サイトを公開した時点では、まだ「箱」を用意したに過ぎません。

コンテンツを充実させてサイトを育てていくには、当事者(発注元=お客さま)が主体的に関わることが前提条件となる、と住さんは続けます。業者に丸投げして済ませるなんてことは不可能なのです。お客さまと制作業者がしっかりタッグを組んで初めて実現できるのですね。
共同作業である以上、お客さま自身が勘をつかめば、その時点で私たち制作業者がお払い箱になる可能性もあるわけですが…。

制作業者がするべきこと

個人的に一番ぐさっときたのは、このお話です。
自分のWebサイトでハッキリとした集客効果を出せているかと問われたら、私の答えは恥ずかしながら「No」です。

自分の面倒もみることができないクセに、お客さまに何をしてあげられるの?

住さんはこんな意地悪な言い方はしません。でも自分自身でよーく分かってるだけに「わー、ごめんなさいごめんない」って気持ちになりました。「ごめんなさい」じゃないですね。「しっかりしろ、自分」です。

住さんは、Webサイト制作に関してあれこれ検索するユーザーが発注にいたる流れの例として

1.自力で問題解決したくて検索する
2.毎回お世話になるサイトができる
3.自力に限界を感じたときに、信頼するサイトの運営者に相談する

と、紹介していました。
なるほど、こういうステップを踏んで依頼してくれるお客さまならそもそもやる気十分だし、制作業者へのリスペクトを持っているから、いろんな意味で良い結果につながりやすいのでしょうね。

この流れに乗るには、まずは自分自身が有益な情報を発信することから始めなくてはなりません。しかも、これまでの視点をがらっと変える必要がありそうです。
大変だー!でもやらなきゃ…いや違うな、楽しそうだからやりたい!!

その他、「オーソリティを目指せ」というお話も大変興味深かったです。同業者からdisられて平然としていられるハートは今のところ持ち合わせていないのですが、これも早晩チャレンジしなきゃいけない課題だな、と思いました。

—–
実はセミナー終了後に住さんとお食事させていただき、根掘り葉掘りいろんなお話を聞くことができました。
セミナーに関することはもちろん、高校時代の生活圏が隣接していたことまで発覚して、ものすごーく楽しい夜を過ごさせてもらいました。住さん、ありがとうございました!

カテゴリ:In My Circle, 参加した Posted by 千貫りこ on 2013年5月20日

次の記事